So-net無料ブログ作成
検索選択

お前はもういないのか [ヅカ的近況]

無事、駆け抜けることができました。
(仕事はミス連発でしたが(;´Д`)



ムラの楽のあとは、望外の幸せに驚くのと、
一方で、じゃあ、なんで辞めるんだよ、という感情で「混乱」していました。

東京公演は、ご本人も挨拶で言っていましたが、
何をしても「最後の」がついて、さみしさが募りました。
最後のお茶会、最後の夜公演、最後の(通常の)出待ち…
キラキラした電飾と白いレースで飾られた、華々しいそれらを、
一気に全力で駆け抜け、
特に東京のフェアウェルはムラと違って二回公演だから全然時間がなくて、
どわわわーーーっと走って、ゴールして、アーチをくぐったら、



そこは、
何も無い空間だった。

「さみしいを通り越して怖い」(これもご本人の弁)
の正体はこれだった。



目の前に広がる、茫漠とした喪失感。




「最後の~」の次には、
「もう~しないんだ」が来る。

劇場の前を通れば「もう出待ちしないんだ」と思い、
家のポストをあければ「もうふみかちゃんから年賀状来ないんだ、
会からの公演案内も来ないんだ」と思う。
和気あいあいとした羊仲間と、牧場で一緒にいることもないんだ、と思う。


感謝やさみしさといった混乱した感情は、
なんとか風呂敷に詰め込んで、ある程度まとまりをつけ、
でも手のひらには、「あの人でこんな役が観たかった」という
若干の「もったいない」が残りつつ、でもそれは手のひらサイズで、
全身に、羊(笑)として愛された幸せ感をまとい、


でも目の前には何も無いという。



アンドレ、お前はもういないのか……


あ、違った違った、アンドレじゃなくてふみかだった。


フェアウェルで配られたものを、ぽけーっと何度も見返してばかりいます。
感想を、出待ちなどで語り合いたい!
お手紙書いて渡したい!
…でももうそういうことはないんだなあ。



ファン仲間ももちろんだけど、
ご本人様もきっと、
もうタカラジェンヌである自分が存在しないことを実感されていると思うので…



お前が耐えた苦しみなら、私も耐えよう。



ですね。



そして最後には「幸せだったなあ」という感情だけが残るのだと思います。





今まで読んでくださって本当にありがとうございました。
これからも、たまには何か書くかもしれません。
宝塚とは適度に距離を取りながら、
何もない空間に何かが芽生えてくるのを待つことにします。



(あ、最初にお茶会に一緒に行ってくれたUさん、
あのときは新沼謙治(笑)のお茶会につきあってくださり、
ありがとうございました←私信)



そうだ。楽でポリスが最後にくみちゃんに壁ドンチューして、
その瞬間、「私、成仏できるかも」と思いましたですよ(笑)


nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

Last! 紫峰七海お茶会@新源氏(12/5) その2 [お茶会報告]

ゲームは、聞いてみたいショーについて紙に書いて、
ふみかちゃんが各テーブルを回って紙をひいて、答える、
という、ムラでお芝居版をやったののショー版。
どのテーブルを回るか、司会さんは「適当に回ってください」と言ったのに、
「じゃあ、来てほしい人、手あげてー!」
「やる気ないところには行きませんよっ」
とSぶりを発揮。
(でも最終的には全部回ってくれる(*^_^*)

○VIVA!!

あさこさん、かっこよかったですね~~
ロケットのかっこして、袖からあの場面見てました!

○Cocktail!!

一番好き!
はじめてプロローグに出させていただいたし、
娘役さんと組むのも初めてだったし、
影コーラス全部出たのも初めてだったし、
思い出深いです。

○アプローズ・タカラヅカ

リカさんが特出されて、
大好きなリカさんと、一度だけ共演できた作品です。
退団されるのがさみしくて泣いてたら、
「女優は泣かないの」って言われて、さすがリカさん!
(この話、前も聞いたけど、リカファンとしては書かないわけにはいかない)

○エンター・ザ・レビュー

好き!!
これの博多座でロケットが最後でした、
あと、サーカスの場面で女の子の役でした!

○Exciter!!

1と2と、どっちが好きですか?
私はひとつめ!
なんたってマメちゃんの痴漢が最高じゃないですかーー!!
「サンキューペリーマッチ♪」って、ついつい歌っちゃうんですよねえ

○ル・ポワゾン

なんていうか、あの…えーっと、
「ただよう香り」がいいですよね(←いい表現が出てこなかったらしい)
蛸足の衣装の場面ありましたね、誰と踊ったんだっけ、
(「和海しょうくん」と客席から)
そうそう、しいちゃんと踊ったねー!、
あと、こういうふり(何かをつかもうとする動き)あったよねー

○CONGA!!

自分は出てないけど、花の場面も好きでした。
るなの背中塗ってたなあ。

○宝塚幻想曲

黒燕尾であんなふうにたくさん移動するの、珍しいですよね
さおたさんなんか、大階段のぼるの「あたし、登山部」って言ってた

----

2ショットでは、
伝説の、杜月笙に手踏んでもらう、の再現も!
(BUND/NEON 上海のお茶会はコチラ↓
http://pt-omoitsuki.blog.so-net.ne.jp/2010-01-12

しかし今回は全く戸惑ってなかったです。
なんとまあ、ご立派になられて…(T T)(なんか違う)

抽選では、ふみかちゃん自身がキャトルで買ったという
「あさきゆめみし」のdvdも。

抽選のくじを引く箱が見当たらず、
端のほう、しかもスクリーンの裏みたいなところにあったのですが、
「緑の箱? ないよー」「ああ、あれね」
「はいはい」とみずから取りに行ってくださる。
「なんでもしますよ、あと20日もしたら、ただの人ですからね」だって!
やだー!

---

Q. お茶会というイベントについての思い出などお願いします

A. すごいですよね、だって、
こんな、おなかすいちゃう時間なのに、 ケーキとお茶だけなんですよ!
(う、うん、確かにおなかすきました 笑)

それで集まってくださるなんて、宝塚でしかありえないですよね。

---

ですね(> <)

「愛と死のアラビア」の東京で初めて参加してから、
行けなかったのは一度だけ、
全部報告を書いたと思います(えっへん)。
(初報告はコチラ↓ 
http://pt-omoitsuki.blog.so-net.ne.jp/2008-08-02-1

くるくるかわる表情、
面白い比喩、
ハイテンションなお話、
変な2ショットでもやってくださるノリの良さ、
随所に見え隠れするS気質や、
AB型的あまのじゃくさ、
でもときどきふにゃふにゃ~っとしたかわいらしさ、
そして、根底に流れる宝塚への愛と、
すごく真面目な芝居心、、、

私から見たふみかちゃん、に過ぎないもので、
不遜なこと、失礼なことも多々あったかと思います。

「私もファンです」「お茶会行きたいです」と
声をかけてくださる方との出会いがたくさんありました。

お茶会は、いつもこうして一方的に
自分が幸せになるだけなのでした。

ふみかちゃん、
準備してくださった会の方々、
同じ場所にいたみなみなさま、
そして、お茶会という不思議な仕組み、
そんなすべてに、

(かっこつけて)ありがとう。さようなら。(笑)



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

Last! 紫峰七海お茶会@新源氏(12/5) その1 [お茶会報告]

ムラの千秋楽でも着てらした白いスーツに、
くすんだピンクのプッチ柄?エルメス柄?のブラウス。素敵ー。

Q. 今のお気持ちは。

A. 退団するときはこんなふうにしたい、こうだったらいいな、っていう
いろいろな夢が次々かなったので、
今は…、テレビが終わった後の「ざーざー」っていうやつ?
(また面白い比喩を)

なんか私、消えて見えなくなっちゃってないですか?
消えてしまってそうな気がする…!!

こういうの、「マリッジブルー」みたいな感じで、
「退団者ブルー」って言うんですって。

Q. ご挨拶、かっこよかったですね。

A. 何言おうかなあって考えたら、
「ありがとう」と「さようなら」しかでてこなかったんです。
でも楽屋で流行ってるんですよー
(すごくかっこつけて)「ありがとう、さようなら」(笑)

Q. コサージュ綺麗でしたね。

A. パレードのコサージュは、シャンシャンと同じ色合いで、
じゅりあが作ってくれました。

Q. 大劇場の千秋楽について、ほかにもご感想などお願いします。

A. 楽屋入りで、
ファンのみなさんがお揃いの豹柄のウェアを着てるのが、
もー、狙い通りだったのでうれしくて!

退団者は白って暗黙の了解がありますよね、
でもみんな白だと、誰のファンかわからないじゃないですか、
こう近寄って、んー(ウェアのロゴを見る設定で、目を細める)
あ、しほうさんのところね、みたいな。
そうじゃなくて、遠くから見ても、しほうさんのところね、って
わかるようにしたかったんです!

私の好きな柄をみなさんがつけている、
みなさんが私になる、みたいな。
(羊、冥利につきるお言葉~~)

あと、ファンプラザって言うんですか?
あそこでみなさんがしゃがんで、「いってらっしゃーい」と
声をかけてくださるのも、
うわぁあ、私、タカラジェンヌみたい!!
(客席爆笑)

だって、そんな、スターさんなんて、一握りの人じゃないですか。
(そうだね、そうだね…涙 そういう健気なところも好きでした)

Q. 副組長になられて一番しんどかったことはなんですか?

A. 組子が、のび悩んでたりするとき、
変わってあげられないのが、もどかしかったです。
おけつ叩いて、ほら、頑張れ! って言うんだけど、
結局は本人が頑張るしかないから、、、

背中が大事だって、春日野先生がおっしゃってました。
黒燕尾の場面で、大階段の下のほうにいるから、
下級生の背中がよく見えるんですけど、
あちゃーーーっていう子がけっこういて、
それとなく下級生に「○○○だから、□□したほうがいいよ」って
教えるんですけどねー。

Q. 組本の「秋」、すごいですね。

A. こだわったんですよ!!
二本のポールを立てて、その間でこう斜めになって…
(檀上で斜めになって実践してくれる)
「もっとさみしそうな顔!」とか指示しつつ、
私がこうやって次から次へと頭に布をかぶせて、
あれ、すごくいい仕上がりですよねー!
(うん、でもシュールすぎて怖いです 笑)

組本、まだ見てないんです。
みりおが見てて、時間に遅れそうになってた。
私も夢中になって読んじゃうから、遅れると思う。

Q. 宝塚愛No.1おめでとうございます!

A. 私のためにある項目みたいで、、、(恐縮している)
宝塚の引き出しは宝塚にしかないんです。
だから、過去の映像を見れば、
先生か言ってることが理解できるようになる!

でも、若い子と話合わなくて。
誰のファンだったの? →○○さんです→同期やん… みたいな(笑)

Q. 今までで一番好きなおひげはどれですか

A. 「おかしな二人」のスピードさん!
ここ(鼻の下)が割れてるのがやらしくてー
(客席爆笑)

下がT字なの。
時代設定や地位の制約があるとできないので、
いつか現代ものでやりたいって思ってたんですよー
(私も大好きです!)


(続く)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ヅカファンは羊である!? [ヅカってなんだ?的記事]

スカステの「めもりーずおぶしほうななみ」を見ていたら、
「花組生へ」という項目で、もっすごい泣いてて驚きました。

この番組でこんな泣いてる人、見たことない(笑)(感動しつつ)。
涙ぐむ人はけっこういるけど、
ボロボロ泣いてるやん。

情の厚い人なんだなあぁぁぁ。

自分の領土(と領民)に対する思いが厚い、とでも言いましょうか。
(それが転じて、杜月笙みたいなお役が得意という…)


じゃあ私らファンは「領民」で、ふみか様は「領主様」?

なんかちょっと違う気がする。。。
そんな人間じゃなくて(笑)

動物…飼いならされてる系の…

犬?

いや、犬は立派な飼い犬がいるからな。

あーーー

羊!?

羊飼いと羊じゃね!?

ある程度個体認識もされてるんだけど、
でも一群として見られていて、
なんか追われて、わらわらーっとついていく、
時々優しくされたり、そうでもなかったりする、
よくわかんないけど、わらわらーっとついていく。
羊は羊飼いにとことん従順。
羊飼いは羊の一群にそれなりの愛着がある。
でも人間や犬とは違う関係性。

ピッタリじゃん!
代表さんやスタッフさんは牧羊犬だ。


ジェンヌとファンの関係って、いろいろに譬えられますよね。

教祖様と信者、なんてのはよくある比喩。

平安時代のお姫様と女官、のようにも思います。
ファンクラブの在り方は、まんま宮中。
http://pt-omoitsuki.blog.so-net.ne.jp/2009-02-15
(宮本直美「宝塚ファンの社会学」では「宮廷」とのこと)

友人は、師弟関係って言ってました。
先生がカラスは白いと言ったら白いんですって。
えー、そこまでの師弟関係は私は経験したことないけど、
アカデミズムの世界だとそうなんでしょう。
お稽古事でもそうかもね。

上級生がカラスは白いと言ったら白い、
というのはよく言われることだから、
上級生と下級生の関係性が、
ジェンヌとファンの間でも相似形になってるってことですね。


お殿様と家臣、なんて気もしてました。
疑似恋愛をもはや通り越して、忠義の世界だから。
忠臣蔵!


でも、よくよく考えてみると、
(少なくとも今の自分の場合)

そんな「人間」じゃなくて、
羊のような気がする(笑)

めぇー。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

宝塚イズム32号に寄稿しました

カリスタとファンタジアの公演評を「小咲福子」名で執筆しました。
1年半ぶりぐらいの寄稿です(前回はラストタイクーン)。
お手に取っていただけたら幸いです。



これだけだと何なので。

イズムは前号から、半年ごとの刊行になり、
初期にあったOGインタビューが復活し、
バウなど小箱公演は評論ではなく、編者二人の対談方式になり、
とメリハリ化をはかっているようです。

今号は、台湾公演レポートが3本あり、
評価もそれぞれで、自分が観ていないということもあり、
面白かったです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog