So-net無料ブログ作成

宝塚歌劇の殿堂ですと [音楽学校裁判]

宝塚歌劇の殿堂に入る100人が発表されましたね。
http://kageki.hankyu.co.jp/fame/fame.pdf

堀正旗が入っとらん、というツイートがあったので見てみたら。

エッチン・タッチンも入ってないじゃないかぁぁぁぁ!!!

橘薫と三浦時子。戦前期の大スター。ジャズやシャンソンで、最初に日本で歌ったのはこの二人、なんて曲がいっぱいあったはず。日本の芸能史では重要な人だと思います。白井鐵造の初期レビューに欠かせない、今で言うならトップスター中のトップスターですよ~。あと、コンビ萌えのはしりかもしれません。

ちゃんと学者の意見を聞いたりしてるんでしょうか。「特命すみれリサーチ」に出てた、SP盤蒐集家の意見も聞いたら面白いのに。…絶対してないでしょうね。学会で小林公一が壇上で挨拶するぐらいだもんなあ。

あと、マスコミに露出の多い卒業生が多いですね。朝丘雪路は4年しか在団してなくて、ましてやトップ扱いでもなかったはずだけど、テレビでの露出が多いから、なんでしょうね。卒業生だって言われると誇らしいけど、でも殿堂かというと…うーん。

かように、今の宝塚、それも小林家に貢献した人が入ってるんだなー、と。

その最たるものが、葉山三千子=今西正子。まさか、裁判にもなったいじめ事件の責任者が殿堂入りするとは。本当に阪急の神経を疑います。ホテルの偽装表示、阪急トラベルサポートの残業未払い、、、、不祥事はできるだけ無かったことにしたいってことなんでしょう。

その後の原告がどうであれ、学校と首謀者たちがやったことは全く変わりません(わたし的には、むしろ後味悪い最悪の結果)。にもかかわらず、100周年を機に責任者を殿堂入りさせるということは、この問題に阪急が向き合う可能性が無くなってしまったということです。96期生が名誉を回復することも二度とない。残念なことです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

Shall we ダンス? / CONGRATULATIONS 宝塚!!(東京宝塚劇場 1/15 18:30)



ウルウルしちゃったよ、オイ。

ハートウォーミングとはこういうことだね。(石田作品がよく「ハートウォーミング」を売りにしてるけど、女性蔑視が多いからウォームしないのよ。)

頑張りすぎて心をとざしてしまったデキる女チギ、を癒す平凡だけどじつは包容力満点の男壮さん、をさらに癒すあゆっち! というわけで最終的にはあゆっちがいいなーということになってしまうんだけど。

新しい世界におそるおそる踏み込む健気さとか、傷ついた人を慰めたいと思うんだけど上手くいかないとか、ちょっとしたところが「あるある」って感じでウォームしました。

盆やセリもちゃんと使っていて、平面的でないのも良かったし、冒頭の夢の舞踏会や、オフィスの登場人物が歌い踊る妄想シーンなどもあって、スーツものにしては華やかになっていたのも良かった。

唯一残念だったのは、音楽が今風すぎて自分にはトーンダウンしてしまったこと。外部の人なのかしら?

にわにわが「夫婦なんて他人ですよ」っていうのがなんか説得力あるのがすごい。さらさがイイ女路線まっしぐら。ひなちゃんはピノコで役付き良くなったね。あんりの子役がいまどきっぽくて上手い。がおりと組むのはメモカじゃなくてスカステで社交ダンスやってた寿春さんがよかった。アイドル7人組みたいなところで、テルとしーらん足して2で割ったみたいな美形がいると思ったら、あれが永久輝さんか。

しかし、後ろでみんないろいろ楽しいことしてるから、組ファンならリピートしても楽しそうだね。

ショーはにぎやかで楽しかったけど、藤井大介にしては「おおっ」というのが無いなあ。あの場面のセルフパクリだな、というのが多い。ちょっと休ませてあげたほうがいいよね。
自画自賛ソングをゴスペルで、というのが主旨なんだろうけど、自分はゴスペルが好きではないので、いまいち乗れず。しかも、歌詞聴き取れる人がまっつさんしかいないという(笑)。結局、どういう歌詞だったんだろー。

まっつさんの赤い衣装の場面、かっこよかったな〜。ダンスがエレガント! 

あと好きだった場面は、デュエットダンス。あゆっちが「来てよ顔」してた。このトップコンビはコンビとしては今一番好きかもしれん。

壮さんの女装はイケてたよ。あと、客席降りで壮さんが、ちゃんと壮さんを見てなかったお客さんの肩を「おい、こっち見ろや」って感じで叩いてたのを発見。いたずらっ子みたいでかわいかった。

そいでもってやっぱテキーラね! こういう場面はいくつ目があっても足りない。楽しいね〜。

96期で退団する凰いぶきが吹っ切れた笑顔だったのが印象的でした。
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog