So-net無料ブログ作成
検索選択

愛革メモ [観劇メモ]

愛革、my楽を迎えてしまいました。

初見では、こぎれいなだけかなーなんて思ってましたが、なんのなんの。そこそこはまりました。特に、平板だと思っていた音楽が、案外、耳に残るし、このメロディはあそこにも使われてるんだーなんて発見があって面白いのです。

衣装も、アンドレアは青=自由、マッダレーナは白=愛、ジェラールは赤=平等、ってトリコロールに色分けされてるんですね(白と赤の意味が逆だけど)。ルーシェやベルシは緑なのね。

色と言えば、白ちゃんと黒ちゃん。いろんな動き、表情をしてるんですねー。死刑って言わせておいて、いざとなるとびびったりしてて。いたずらっ子の黒ちゃんが、ピュアな白ちゃんと仲良しっていう設定が、松本大洋の『鉄コン筋クリート』みたい? 

そんなこんなで、白ちゃん黒ちゃんや凡人たちを見れば見るほど、アンドレアさんの高潔さ、マッダレーナの清らかさが心に沁み、自分はこういうときに「私には私の考えがある」なんて言えるだろうか、と振り返るのでございます。

以下ぱらぱらと。

東京のふみか茶では、舞台の話はムラと大体同じだったかな。4つの役の中で一番楽しいのは貴族って言ってました。現実には絶対にああいう動きや声の出し方はしないから、だそうです。日に日に、大げさ、かつ、かわいく(?)なってましたね。民衆に襲われるところは、なぜかカマっぽい。

民衆として上手にいる場面(ユディットの歌うとこね)では、ふみか氏は「神様なんていないんだ!」等々叫んでるんですが、マイクもないのに二階まで聞こえました。いつも全力投球でいいと思います。密告者役は耳がかゆかったり、枝毛探ししたりしてますね(え? 枝毛探し違う??)

じゅりあちゃんの休演は本当に心配です。きららちゃんは立派に代役をつとめていました。じゅりあちゃんの神々しい美貌とはまた違って、もうちょっとウェットで情がありそうな、裏でいろいろやって支配してる感じの奥様(ほめてます)。きららちゃん、ほんとイイ声で、イイ女似合うよねえ。娼婦役でのみーちゃんとの絡みは変更なくてよかった(そこ重要)。

ところで。ふじぴーの役って、マッダレーナのロケットを、がめてたんだね。ダメ夫だなあ。なるほど、欠点の100個や200個と言われるだけあるわ…最近、欠点の例で一花ちゃんが「靴下が右と左で違う」とか言ってますね。やだもー、だめんずうぉーかー的にやっぱり惹かれる~。

ショーの女装場面は役替わり3つとも見れましたが、柚カレーの肉食ぶりに驚き。この場面のだいもんの高音、ムラでは出にくそうだったけど、東京ではのびのびしてました。エトワールのななくらちゃんもしかり。進化するジェンヌさんたち、すごい。

「スウィングしなけりゃ意味ないね」での仙名さんの1930年代ぶりがすごい。『雨に歌えば』のリナちゃん、やってほしい。

今回、初心者を連れて行きましたが、春風さん素敵! え、 辞めちゃうの!? って言ってました。ほんとだよ…

あと、阪急は偽装する会社だけど、蘭寿さんの素敵さは偽装じゃない! モノホンだ! ということで意見が一致しました。