So-net無料ブログ作成
検索選択

遅れてきたスター春日野八千代 [ヅカってなんだ?的記事]

気になっていた新聞記事をやっと読みました。

有馬稲子様が9/4の日経朝刊「喪友記」(最終面)に、春日代八千代様について書いていました。

「宝塚と聞いて誰もがイメージする、男役と娘役の華麗な恋、まばゆい衣装や大階段、心ときめく音楽や踊り、そうしたことはすべて、春日野さんがいて、初めて舞台芸術として確立し、それを後輩たちが守り受けつぐことで、世界に誇るレビューに育てあげたのです。」

…ちがーーーうっっ!! byトート閣下

まあ、その場に居合わせていないのでわからんのですが。当時の『歌劇』を読んだだけですが。しかも、大スターで、超キュートな有馬稲子様に物申す形になってしまって恐縮なんですが。

昭和5年の『パリゼット』で白井鉄造のレビューが始まり、ロマンチックな、おフランス仕立てな、パステルカラーの、おおがかりな舞台装置の、淡いラブストーリーの、という、今でいう宝塚らしい要素がどんどん登場して、数年の間に確立されていきます。

まずスターになったのは、エッチン&タッチン(橘薫&三浦時子)という、今からしたら「男装の麗人」扱いの、ジャズ歌手のコンビ。それから、大空ひろみという、子役的なスター。「うちのパパ」という曲で人気が出ました。今の系譜につながらないから、あまり触れられないですが、みなさん大スターです。

小夜福子も人気です。小夜はいわゆるフェアリー系のスターさんで、この頃すでに何度も主役を演じています。また、昭和7年1月の『サルタンバンク』で、よっちゃんの同期である葦原邦子が主役を演じ、大人気となります。葦原邦子は歌が上手く、男らしいタイプです。大体、フェアリー系の小夜、アニキ系の葦原が並び称される感じ。

一方、この頃のよっちゃんは、「月組の中堅」(『歌劇』昭和7年11月号)。昭和8年初めに、天津乙女が休演し、小夜福子が天津乙女のおはこである鏡獅子の代役をつとめますが、小夜の代役がよっちゃんでした。そういう位置付けです。よっちゃんは昭和8年5月に『ジャンヌの扇』で初めて主演しますが、これは中劇場(今でいうバウホール?)ですから、葦原にはかなり遅れています。

だから、夢夢しい宝塚が出来始めた頃、よっちゃんの前にも、大スターはいたんだよおおおお。

だって、葦原邦子と同期なんですよ、よっちゃん。なのに、葦原邦子のほうが先にスターになった。この違いは、なんなんだろう。(男役をやったのが遅かったせいもあるんだろうけど…)

ふと思った。マイクの有無なんじゃないか!!?

葦原邦子は歌ウマさんで、声量があったそうです。マイクが導入された昭和9年より前でも、バリバリに歌っていたことでしょう。エッチンタッチンも大空ひろみも、歌で人気が出た。でも、よっちゃんは全く歌ウマさんではない。「劇団はスターにしたいのかもしれないが、あの歌のうたいようでは心細い。」(昭和8年3月号)なんて書かれてます。マイクが入ってからのほうが、ずっとそれらしくなったことでしょう。

ではなぜスターになったか。「色気」だよ「色気」。きっとそうだ。「油壺から抜け出たような色気」「眼に色気がある」なんて書かれてました。「色気」というタームが出てきたのは、よっちゃんが初めてかもしれないですよ。

だから、よっちゃんの功績は、「男役と娘役の華麗な恋、まばゆい衣装や大階段、心ときめく音楽や踊り」の確立ではなく、「男役の色気」の確立だと思うんです。我々がきゃあきゃあ言ってる「ターコさんのあの床ごろごろが!」「マリコさん包容力ハンパない!」「蘭寿さん腰の動きがヤバイ!」とかの確立だと思うんです。(例に私の趣味入ってますが、お好きなスター名とお好きな形容詞を入れてください)

だとしたら、やっぱりよっちゃんはすごい、我々はいくら感謝してもし足りない。それに間違いはない。

って話なのでした、はい。

(注:『歌劇』の引用は主旨です。)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

JIN-仁- / GOLD SPARK!(東京宝塚劇場 11/27 18:30) [観劇メモ]

豪華だなー。

素敵なオッサン声の人が出てきたと思ったら、ほっくんだった。いなせなおじさまが出てきたと思ったら、はっちさんだった。穏やかそうなおじさまが出てきたと思ったら、ナガさんだった。

うわー、豪華豪華。

暑苦しい人が出てきたと思ったら、ともみんだった。お馬鹿なフランス人が出てきたと思ったら、大ちゃんだった。

専科さんが3人も出演しているから、一見、2人出て行って5人入った計算になる。

組子にもいろーーんな役があって、次々と意味深に出てくるから、ワクワクしっぱなし。

そして、そのまま終わってしまうのだった(笑)。

銀英伝と同じで、キャラクターを楽しむための作品。宝塚ってそういうものだよね。一応、有名な近江屋の場面をクライマックスにしているから、形にはなってる。でも、中身は無い。言いたいことも無い。ただ、ジェンヌへの愛がいっぱい。ご都合主義な結末もポカーンだけど、ま、いっか、と思える。(ドラマを流し見していただけなので、どういう結末だったかあまり覚えていないんだけど、基本設定以外は全然違うよね? 「ゆめ」って、誰よ??)

杏奈さんの花魁、美しかったなあ。まさに伝説の花魁。光り輝いてたよ。登場するだけで涙が出るなんて、めったにないことだ。舞台写真がほしい!

ハウルは銀橋での三枚目っぽい芝居のほかに、花魁に肩を貸す人(なんていうの?あれ)ではイケメン、ショーでもセンター降りしてたかな。良かった良かった。

チギの龍馬は若々しくて。龍馬人気は、彼が青春のまま死んだからだ、という説を読んだことがあるが、まさにそんな感じの龍馬だった。歌が聴きやすくなっていたのが快挙!

ほっくんは本当に私の好きなオジサンで。

まっつ、にわにわは、地毛なんじゃないかという似合いっぷりだし。

コマは本当に芝居が上手いし華があるし。

彩風咲奈が男らしくなってきて将来が楽しみだし。

あすが読み売りで大きな役だった!

せしこはちょっとゴツかったけど、イイ女枠でいけそうだ。

翔ちゃんは空回りだなあ。発声が変なのかなあ。

ほたての女形も似合ってる。けど、本当はもっと男らしくなってほしいホタテマン。

あゆっちの花魁はもうちょっと潤いがほしいなあ。

娘役はあまり役がなかったかな。さらさはおいしかった。

あんりの少年役は少女っぽくて違和感が。『小さな花がひらいた』の花奈澪を見習ってー。って、あれは特殊か(笑)。

ところで、当時の西洋人が悪所の女性と結婚するだろうか。お妾さんならともかく、結婚式はあげないだろう。

ショーはあまり記憶に残らない。サヨナラ仕様でないのがもったいないし、ロックオンとミロワールを思い出すことが多かった。それに、中詰めの衣装の色合いはひどい。

でも、中詰め近くの銀のスパンコールでのキムミミのタンゴは素敵だったなあ。肉食系の顔をしたキムと、「来てよ」顔のミミ。

キムミミはいいコンビだったよ、ほんと。『忘れ雪』のときから似合いだと思っていたけど、まさかこんなに短い就任期間とは思わなかった、もったいない。芝居もだけど、ミミちゃんが「仁先生!」「キムさん!」とひたすら「お慕いしております!」(うっとりというよりは、きっぱり)モードなのが、いいんだよねえ。

赤い鳥の場面が少し面白い振り付けがあったかな。

中詰め銀橋でまっつとミミがおでこごっつんしていて、ドギマギした。(浮気だ、浮気)

あ、あと、84期三人と、それ以外の歌のレベルが違いすぎて笑った。路線でない子でも歌ウマさんをどんどん使えばいいのに。

最後のデュエットダンスの影ソロが下手だった。リズムがずれていてオケと合っていなくて、聴いていて酔ってしまう。声もがさがさしていて、のびやかではないし。誰だ? →夢華あみだったorz 指摘や指導をしてもらえないのだろうか。だとしたら、不幸だ。本人も観客も。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

蘭寿とむコンサート Streak of Light(日本青年館 11/23 15:00) [観劇メモ]

酒井澄夫ちゃんらしい、オーソドックスな作り。子どもの頃読んだ妖しい童話の世界のような設定とか、いかにも宝塚なレビューとか。

でも全然退屈ではなかった。品があるし、場面場面にメリハリがあるし、なんといっても、生徒の使い方が適材適所だった。(だって三木ティのカノンは、いつもいつも同じ生徒が歌ってたもん!)(ここでカノンを持ちだすのもどうかと思うが、でもでも、カノンの退屈さは尋常じゃなかった)

よっちとあかりちゃんが踊ってて、らいらいとくみちゃんが歌ってる、とか。みーたんがセンターで笑顔ふりまいてバリバリ歌ってる、とか。きらりがイイ女枠で先頭にいるとか。るなちゃんが女役やったと思えば、ちょっとダサい男子をやってるとか。

よっちのオカマの振り付け師が大ウケだったけど、あれはダンスのテクニックがあるからだよね。「こうすれば、やりすぎで面白い振り付けになる」ということがわかってて、それが実現できる。テクニックがなきゃ、こうはいかない。しかも、それを受けて立つ蘭寿さんがさらにテクニックがあって、「さらにやりすぎて変な人」を実現できる。ただオカマだったり、ただ大げさな動作だったりでは、こうはいかないんですよ。技術に裏打ちされた笑い。これ大事。

蘭寿さんのネクタイプレイは絶品だったなあ…。ほんと、うっとり思い出すぐらいの素晴らしい場面だったなあ。人生に絶望した男が、ポスターと同じ? 光沢のあるグレーのスーツで、椅子とかネクタイと戯れて床ごろごろするんです。はぁぁぁ。

もちろん、ほかのダンスもどれも良かったよ。韓流風の、鏡を前にしたダンサーたちの場面も、蘭とむ得意の腰カクカクを堪能できた。

蘭ちゃんも、カツラとか凝ってて、頑張ってたなあ。

子役二人もかわいかったなあ。

どの子たちも、活躍していたよなあ…。

と、思いたいんですが。(以下、呪詛の念)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

原作を読み直してから銀英伝2回目(11/8) [観劇メモ]

といっても、とりあえず1〜2巻のみ。

それでもやっぱり「ほうほう」と思います。

・原作のラインハルトはめちゃめちゃ冷酷⇔テルのラインハルトは甘ったれ。

・原作のキルヒアイスはひたすら物静か⇔まあくんのキルヒアイスは元気溌剌。

・原作のヤンは嫌味な皮肉屋⇔キタロウくんのヤンはとにかく人がいい。

一見、「原作のイメージ通りだ!」と思っても、じっくり比べて見るとやっぱり役者の持ち味ってのがすごく出ているんですね。でも原作のイメージを損なっているわけではない。彼女らなりの人物として息づいていて、面白いなあ、と思いました。

これらを大きくくくると、「毒気」がなくて、「善良」になってるってところかな。

それが宝塚らしさでもあるんだろう。

だから、小池が大きく改変した中で面白いと思ったのは、

・皇帝が立派な人だった。
立派ってほどでもないけどさ、原作だとただただ腐敗した中身のない人だけど、宝塚版だと「じつはラインハルトの野望に気付いていて、見て見ぬふりをしていた」=「けっこう懐の深い人」ってことになってる。まるで歌舞伎か時代劇みたいで、宝塚にはぴったりの改変。

・核攻撃をラインハルトが本気でとめようとした。
原作では、迷ってはいるけど、とめようとはしていない。宝塚版だと、迷って時間くったけど、とめようとした。だけど、間に合わなかった、ということにしていて、ラインハルトの冷酷さをトーンダウン。

・ジェシカが死ぬ場面が残虐じゃない。
原作だと、かなりひどい状態で死んでるよね…。

宝塚って、ロマンス要素(ヒルダの役割、戦闘前夜の恋人と過ごす場面)も必須だけど、「善良」こそが信条なんだよなあ。と痛感しました。

その他、原作を読み返していて思ったのは、、、自分はユリアンになってヤンにお仕えしたかったんだなあ、と。「また部屋ちらかしてー」と言いながらも、「この人って、なんて才能あるんだろう」と尊敬の目で保護者を見ていたい。それは恋人でも妻でも母でも姉妹でもなく、被保護者として、なんです。これって、ピノコがブラック・ジャックになついているのと同じ感覚だと思ふ。だから、うららちゃんという娘役がユリアンをやっているのが、ものすごーくツボでした。

あと、シェーンコップは絶対にふみか様よね〜と勝手に配役^^; 脳内でキタロウ&ふみかで会話させて楽しんでます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

いじめ事件の正しい決着方法とは [音楽学校裁判]

全くの仮定の話で、なんの実効性もないのですが、96期問題をもしうまく決着させるなら、どういう方法があっただろうか、とよく考えます。学校の職員はアホばかりだったけれども、小林公平も故人になったことだし、劇団が、調停の後にとるべき手段があったのではないかと。

それはやはり、首謀者たちを退団させることではないか、と私は考えていました。(もちろん、学校が原告に謝罪し、関係した職員を更迭させたうえで、です)

となると、首謀者とは誰なのか。優波とRは間違いないとしても、予科前期委員の残り二人、蒼井と美桜もやはり入るであろう、、、、後期委員の夢華はそれに乗っただけだと考える? いや、だったら蒼井と美桜だって、乗せられただけ? 「死ね」と言ってた音咲はどうなんだ、寮委員の凰や里咲や蒼矢はどうなんだ……と、「首謀者」とは一体どこまでを含むのか、わからなくなってきます。

さて、私は今、スカパーのTBSチャンネルで『3年B組金八先生』を見ています。子供のころ民放を見せてもらえなかったので、この名作を見るのは初めてです。いやあ、小山内美江子の脚本が素晴らしいね! あの中島みゆきの「時代」の名場面、すごいね!

それはともかく。

第5シリーズで、生徒たちが調子にのって、お年寄りに「死ね」と言って、結果的にお年寄りに大けがをさせてしまうエピソードがあります。このとき「死ね」と言った少年は、別に稀代のいじめっ子というわけではないし、あおった生徒もいれば、遠巻きに見ていた生徒たちもたくさんいました。

これを金八は、「全員に責任がある」と言うんです。見て見ぬふりをしていたのも罪だと。

そうかー、やっぱりそうなのかー。

なんと、『教室の悪魔』(山脇由貴子著 ポプラ社 2006年)という、児童相談所のカウンセラーが書いた本にも、同じことが書いてありました。いじめというのは、感染症のようなものであると。重くかかった生徒(首謀者)も、軽くしかかかっていない生徒(見て見ぬふりをしていた)も、感染していることにかわりはなく、全員を治療しないと、また感染が広まってしまうと。

そうかー、やっぱりそうなのかー。

だからといって、全員の人格まで糾弾する、というわけではないのです。全員で「いじめ」という感染症を撲滅しよう、と心を合わせることが大事だ、というのです。

なるほど、金八も、「死ね」と言ってしまったことを後悔して飛び降りようとする生徒を、体をはって助けて、愛情もって接していました。

第5シリーズでは、稀代のいじめっ子は別にいまして、彼の行動は私には、裁判記録から浮かびあがってくる優波の行動にそっくりに思えました。先生の前では「にっこり」優等生。直後に突如顔つきが変わって、同級生をいたぶる。「出汁、こええええ」と震えながら見てました。でも彼には、とてもかわいそうな家庭環境があって、金八は最初からそれを見抜いているんですよー。彼に対して愛情深く接して、孤立させない。深夜でもかけつける。だけど、彼のしたことには、きちんと「それはいけないことだ」と全員の前で指摘する。

「罪を憎んで人を憎まず」なんですな。当たり前のことだけど。

こんな先生がいたら、裁判沙汰になるほどこじれるいじめは発生しなかったでしょうね。まあ、ドラマの話なんで、理想に過ぎないのですが。

だから、また仮定の話でお恥ずかしいですが、96期問題にもし正しい決着方法があったとしたら、それは、「96期生全員が(全員というところがミソ)、原告に謝罪し(もちろんそれをHP等で公表する)、そのうえで例えば半年間の舞台出演停止というペナルティを課す。」といったものだったのではないか、と思うようになりました。

全員がペナルティを課され、これはいけないことだったのだと実感する。それを形として表わす。そうすれば、今のような、全人格を否定するような罵詈雑言は(ネット上では無くならないにせよ)、もっともっと減ったのではないか、と考えるのです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

春の雪(日本青年館 11/3 15:00) [観劇メモ]

こういうの、すごく好きです。万人受けするかわからないけど、私にとってはこういうのが「宝塚」を観る楽しみです。基本は大衆演劇なんだけど、そこにねじこんだ「文学」のかほり。細やかな台詞と演出で表現される心理描写。たまりません。こんな人、近くにいたら迷惑だけど、その迷惑なぐらいの過剰な心情こそが、「文学」なんですよ。

大正初期の貴族社会の退廃。それに対する、登場人物の処し方が様々に描かれていて、重なり合って行くのがとても良かった。

維新の時代を懐かしみ、息子(松枝伯爵)に不満を抱いている、だけど問題が起きた時はやはり家の対面を上手くつくろってしまう清顕の祖母。ただおろおろするだけの綾倉伯爵。そういう社会が嫌でたまらないのに、逢い引きをお膳立てしてもらうと乗ってしまう書生飯沼。欲望を押し殺すつらさを理解しているけれども、決して狂うことはない本多。伯爵のお手つきになることを当然だと思っている女中みね。

清顕は、そうした社会を侮蔑しながらも、この中でしか生きていけないんだよね。だからこそ、聡子との恋に燃えたわけで。それを本多が「不可能だから魅せられたんだろ」と指摘するのが、とてもわかりやすい。そして、飯沼が最後に新聞?を配るシーン、原作では伝聞だったけど、本人が出てきて「最初から狂っていたのさ!」と言うのが、まさにテーマそのものに感じたなあ。

かように、原作の雰囲気を壊さずに、よりわかりやすくしてあるのが感心感心。本多が法廷で見た殺傷事件と、清顕の情事の告白を重ねてみたり、治典殿下がレコード好きだというところから、実際に曲を聴かせてみたり(あれってなんて曲だっけ?)。殿下が聡子を帝国劇場で一目惚れ、しかもその演目がカルメンというのは、完全にオリジナルだけど面白い。創作と言えば、聡子が最後に「松枝さんとはどなたですか」と言うのも、オリジナルだよね。びしっと決まる。

背景の洋館風のステンドグラスと、和歌の書かれた障子風の壁がまた、上手い。馬車や自動車の装置も面白かったし、最初の情事に使われる赤い椅子?も和洋折衷で面白い。

清顕のみりおは、もう…ポスターの時から「これは!」と思ったけども、当たり役だ。これからは「清様」と呼ばせていただきます! 紺の学ラン、コート、もっさりしたニット、太めの眉に強い目元、麗しすぎる……。この人、本当にいいところの出なのかな。人柄はよく知らないけど、高貴ゆえに、罪の意識なく、残酷なぐらいわがままになってしまう、というのがとてもはまっていた。

ヒロイン咲妃みゆは、顔も声も遠野あすかに似ているね。公爵家の令嬢というにはちょっと庶民的かな。原作だともっとツンツンした美女のイメージだし。だけど悪くはなかったです。聡子のやや子どもじみた部分が上手く出ていた。(注:いつも96期問題を批判している私ですが、批判の対象は組織と首謀者です。念のため。)

飯沼のトシくん、本多のたまきち、治典殿下のちなつちゃんが、ピッタリな役で。みっしょんがちと出番少なくて残念だけど、あーちゃん、あちょう、と上級生が安定。輝月ゆうまの清様のお父さん役や、白雪さち花の尼さん、琴音和葉の聡子のお母さん役、みねの晴音アキといった下級生もすごく上手くてびっくり。夏月都がすっかりおばあちゃん芸を身につけてるし(笑)、ゆりあちゃんや、たかちくんといったダンサー職人の芝居での使い方もGJだし、なんていい配役なんだろう。

そして、美穂圭子の蓼科役が素晴らしかった。一癖も二癖もある、老いた召使い。飯沼に対する軽蔑の目つきなんか、すごかった。自殺するときの笑い方も。この人は歌の人で、演技はワンパターンかもと思っていたけれど、ロミジュリの乳母といい、演技もすごいんだなあ。

というわけで、生田大和の東上は大成功だあ。若手で唯一(笑)、期待してます。次も頑張れー。

(しかし輝月ゆうまくんの扱いはなんなんだろう。顔も役柄も好みなんだけど(オッサン好き)、まだ若くてあれだけ身長あるんだから、路線ぽい役をやらせてあげればいいのに。上手いからって役柄を固定しすぎな気が。それとも、オッサン役も下級生がやる時代ってことなの? 上級生をはやく辞めさせよう作戦とかだったら、イヤだなあ…。)
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇