So-net無料ブログ作成

三谷版 桜の園(パルコ劇場 6/28 19:00) [観劇メモ(ヅカ以外)]

カーテンコールでキャスト全員が並んだとき、登場人物、たったこれだけだったっけ!? と思った。それだけ、いろんな人間のドラマを観た気がして。いやあ、深い深い。それぞれにちょっとずつ感情移入できるし、描かれていない部分もすんなり理解できるし、ずっと同じ舞台装置で、人が入れ替わり立ち替わりあらわれてしゃべるだけなのに、なんでこんなに深いんだろう。

…三谷がチェーホフに挑戦する、しかも「喜劇」として。ということで注目され、「喜劇になってないじゃん」とか「下品な笑いを無理に入れるのは冒涜」とか、いろんな意見があるようですが、私は全然詳しくないので、ただただ、会話が自然で、それぞれの人物の内面が深く描かれていることが面白かったです。

ただ、これはきっと、チェーホフの元の戯曲がいいんだろうな、と。なぜなら、「かもめ」を映像で観たときも、同じように思ったから(笑)

三谷演出は、どうなんだろうなあ。時折入る「くすくす」っと笑いたくなるような箇所は、最終的にしんみりする結末から、浮いているとは思わなかった。笑えるけど最後はしんみりって、今時の演劇では(って何が今時かわからないけど)、よくあるノリ、むしろ王道なのでは。

全て子ども部屋を舞台にしているのは、今回の新しい演出だそうで。三谷の好きなシチュエーションコメディの手法ではあるよね。桜の園そのものが子ども部屋であり、ラネフスカヤや兄が、子どもじみていることの象徴でもあり、みんなが素に戻る場でもある、という意味もあるのかな。窓から見える木や光がきれいでした。生ピアノも効果的。

ラネフスカヤ夫人は浅丘ルリ子。生で観るのは初めて。身のこなしが美しい! 美とは、若さではないんだなあ。もうね、スターさんだからね、オーラがすごいですよ。ちょびっと棒読みだけど、それすらも「高貴」の証。

兄の藤木孝も高貴だからねえ。この二人が兄妹って、本当にそうとしか思えない。

商人ロパーヒン役の人(市川しんぺー)、変声で面白い。すごく上手い。ただ、あれだけラネフスカヤ夫人を尊敬していたのに、最後の変わりようが良くわからないな。

ワーリャ役の神野三鈴。小曽根真の妻だよね。じつは私、小曽根さんがANAでやってる番組が好きで、それ聞きたさに、遠征時にANAばかり利用してたんですよ、なんで終わっちゃったんですかね、ANAさん。そいでもって青樹泉との対談で小曽根さんが妻のことを「尊敬している」と言ってて、妻のことをそう言うなんてすごいなあ、素敵だなあと思ってて、、、、って、そんな話はどうでもいいですね、はい。やっと生で観れました神野さん。すごく緩急自在な芝居をする、上手い! 大竹しのぶに声が似ている。「欲望という名の電車」の妹役もやってなかったっけ? こういう、大人しめなんだけど抑圧を秘めてるという役が合うのかな。声といい、演技といい、ちょっと娘役っぽくもあって、架空度が高いのも面白い。

大学生役は、本来はもっとインテリっぽい人がやるんじゃないかな、と思ってたけど、新しい思想にかぶれてて、童貞で、というおかしみが、藤井隆ならではのハイテンションでわかりやすかったかも。

青木さやかは予想より舞台の声が出来てた。笑いもとってた。でも、この作品の雰囲気には馴染んでいなかった。

ラネフスカヤ夫人の娘は大和田美帆。もっと高貴さが欲しかった。高貴な娘が、最後庶民になろうとするってのは、重要な点だし。この舞台全般、「この人は貴族でこの人は庶民」というのが、ぱっと見わかりにくい。衣装の問題じゃないよ。その点、神野さんは、貴族として育っているけどじつは平民、という複雑なところがよく出ていたな。

フィールス役のおじいさん(江幡高志)がすごい。間の取り方が絶妙。最後に彼が死ぬ(んだよね?)ときの、「この未熟者めが」が効いている。

いろんな人物に感情移入して、ラネフスカヤ夫人のだめんずぶりに唖然としつつも共感したり、娘に「ママの人生これからよ」と言われても、「お前は若いからそんなこと言えるんじゃーー」と内心むっとしたり、でも、娘が大学生に感化されて貴族の生き方を捨てるのも共感できるし、お互い好きなのに立場が違ってしまって告白できないロパーヒンとワーリャの葛藤…どれもこれもに共感していて、自分のこれからの人生はどうなるんだろう、自分もこうして桜の園を去る日が来るんだろうな…

というところにフィールスの「この未熟者めが」という台詞がラストですよ。うーん、先達にダメ押しされてしまった。

ほかのバージョンの桜の園も観たいなあ。チェーホフのほかの作品も観たいなあ。ロシア文学全般気になる。(私が知っているのは、『オネーギン』と『カラマゾフの兄弟』と『復活』だけです(笑)。)詳しい方、お薦めを教えてください。

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

感想いろいろ [ヅカ的近況]

●銀英伝

宣伝画像、出ましたね。さすがのビジュアル。それにしても、キタロウくんのヤン・ウェンリーは楽しみです。(「話題作なんてバカにすんな」と言っておきながら、配役が出るとちょっとだけワクワクしてしまった。)キルヒアイスでなくて、ほんっっとーに良かった。やっぱり、合う役をやってほしいのです。

●みわっちさん、ほか退団者

大変不遜ながら、ディナーショーに行きたい。近松のみわさんは、もちろん素敵なダメンズでうっとりしたけど、わたし的にはどこか物足りなくて、なんでだろうと思ったら、わたしにとってみわっちさんは、ショースターだったんだと、今さらに気がついた。銀橋でウィンクしてるのがみわさんのデフォルトなんですわ。エキサイターのため息ソングみたいな、あんなみわさんを観たいのです。

ハマ、辞めちゃうのかあ。芝居がすごく上手くなったのになあ。銀華水も、辞めちゃうのかあ。近松を観た、古典芸能通の友人が目をつけてたんだよー。最近痩せてかっこよくなったのになあ。素敵になったな、これから楽しみだな、と思うと辞めてしまうのは何故。

●ミミの退団記者会見

幸せそうな顔! 究極のうっとり顔! これを見たら、「辞めるな」と言えなくなってしまうよね…。はぁ、もったいない。

後任は誰なんだろう。これぞ、という娘役が今はいないじゃん。…って考えて行くと、だからやっぱり、キムミミでもっとやればよかったんじゃん!! ということになってしまうのだ。

●まりもミュージックサロンを見て

白雪さち花って、遠目に見るとキレイでかっこいいじゃん。歌えて踊れるじゃん。スタイルいいじゃん。(愛希れいかが小顔すぎて変だから、ますますそう見える)そのかバウでのおばあさん役の演技で目をつけたのに、ほかにもいろいろできるんだー。ほれぼれ。

●藤咲えりサヨナラ番組

近年稀にみる美声の娘役だった。本当に、本当に、もったいない。こういう人が、トップになるとか、ならなくても二番手娘役で燦然と輝くような、そんな宝塚であってほしいのに。しかも、演技について語る言葉がすごく豊富だよね。自分を客観視する能力がすごい。(一方、ニュースで過去の自分の役について語ってた、すーさんは、語彙が少なすぎ(笑)。あ、どっちがいい悪いではないよ)

●じんじんサヨナラ番組

笑顔が素敵だなあ、癒される。15年いたんだ。なんだか、ずっといてくれると思っていたから、早すぎる! って思ったけど、管理職にならないなら、平均的な年数なのでしょうか。さみしいなあ。エルソルドの歌で、泣いたよ。歌で人を泣かせるって、すごいことだと思います。

●ももち

ずっと思ってたんだけど、この方、糸井しだれさんの縁戚ではないのですか? 顔が似てるし、芸名も似てるし、歌上手いから、絶対そうだと思っておりました(でもどこからもそんな話は聞かない)。あ、糸井しだれさんとは、戦前のスターさんで、歌姫。第二次大戦中の空襲で亡くなりました。

ただ上手いだけじゃなくて、声がまろやかなのが素晴らしかった。それにあの愛すべき容姿。もったいないなあ。(そればっかりなんだけどさ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

華やかなりし日々 / クライマックス(東京宝塚劇場 6/12 18:30) [観劇メモ]

芝居は、原田諒の作品ということで1mmも期待していなかったので、意外に楽しかったです。今まで、実在の人物をやるからおかしかったの? 一から作ったほうがマシなのでは? 

やっぱりこの人、音楽の入れ方とか、すごく上手いよね。「次どうなるんだろう」と思わせてくれる。銀橋の手前から舞台のレビューシーンをみるなんて演出、ありそうでなかったから、目からウロコだ。そこから、オケボックスに消えるのも、かっこいい。鈴木圭のような、昔風のベタな演出ではなくて、わりと今風の演出で大劇場を使おうとしているのが、好感度アップ。

でも、後にはな〜っんにも残らないのね。気楽に見て、すっと忘れる。まあ、娯楽なんてそんなものか。でも…本当はもっと人間ドラマが観たいんだよなあ。

一番、人間としておかしいと思うのは、ロナウドのロイに対する態度。冷たすぎるやろ。ひどすぎるやろ。思い出の品をずっと持ってるのに、なんですか、あれは。矛盾してる。ユウヒが力技でねじ伏せてるけど、これ、相当ヤバい人だと思う。(って、もう皆さんわかりきっているんですよね)

それに、まさか最後逃げるとは思わなかったよ。てっきり改心するのだとばかり…。ああ、自分、やっぱり宝塚に正義を求めているのね、と再確認してしまった。(って、これもまた、もう皆さん語りつくしているんですよね)

ほかにも突っ込みどころは満載で。
1.イミテーションダイヤモンドなんてすぐバレるやろー。そもそも、詐欺師がかっこよく見えるためには、「鮮やかな手口」がないと説得力がない。なのに、既製品のイミテーションダイヤモンドを輸入して、ロシア貴族の真似してるだけ? それ、全然かっこよくないよ?? ユウヒの男役芸がなかったら、ただの狡い人になってるはず。 
2.本名を紙に書くようなヘマするわけないやろー。
3.詐欺とロイの件がなぜつながるの? 意味不明やろー。
とりあえず、以上。
(いや、もうみなさん「そこは目をつぶって観てますから」なんですよね。トホホ)

人格崩壊といえば、おうきかなめさんの役作りが変だったぞ。ジュディに対しては甘い甘い素敵な王子様なのに、ロナウドを問い詰めるときは変態ちっくな古畑。どーなってんの〜?? 来し方をふりかえってみるに、この人、役作りってのは特に無いのかもしれん(笑)。いるだけで綺麗だから、いいんですけどね。

ほかに…
・りんきらの子供時代がじゅまちゃんて! 私好みの二人をそう使うか!
・ほっくん、とは今言わないのか、みっちゃんのソロ良かったなあ。育ち方が目に浮かぶようだよ。一瞬で涙を誘う。
・黒塗りマフィア(大ちゃん)が誰なのか、30秒ぐらいわからなかった。
・じんじんの役って、ネバースリープの萬様の役?
・イケメンがいる! と思ったら澄輝さやとさんだった。

ショー。

三木ティよ、カノンはなんだったんだ。メリハリのあるショー、まだまだ作れるじゃないか。

特に、フィナーレのユヒすみの青い衣装での銀橋から黒燕尾の一連の流れは神。

銀橋でのユウヒのちょっと足踏みするような変な振り付けは、まるでユウヒの宝塚人生を表しているようじゃないですか。そこに、後からやってきたすみかが、たたたっと駆け寄ってくるのがなんとも象徴的。そして二人でおでこゴッツン! きゃあああ。全体に流れるクラシックがとっても荘厳なのもいい。本舞台に戻ってセリ下がるときの、すみかの胸に顔をうずめるようにするユウヒ、、、最後の最後にすみかがユウヒの頭を手で包み込むのが、うわああああ。そうすると大階段には黒燕尾がキターーーー

すみません、興奮してしまいました。

あとはねー、ジャズの場面がかっこよかったなあ。バーのカウンターからにょきっと出てきたりする振り付けも素敵。手すり降りてくるのも面白い。

カルメンの新解釈みたいな場面も、面白かった。芥川の『藪の中』みたいな感じなんですかね? ちょっと長かったけど。ユヒすみの衣装も素敵! 変なところからフリンジ出てたり、身頃からウロコみたいな絵が描いてあったり。

そうそう、パリの場面の後で、白燕尾(襟に色)で8人若手男役が並ぶところの、上手端と下手端は誰?(→おとめを見て自己解決。上手端は94期は春瀬央季、下手端は95期の七生眞希。)

パリと言えば、カンカンが一瞬寒くなりそうだったのに、一気に温度を上げたみっちゃんはすごい。求心力がある。

テルは、二番手はじめての『太王四神記』ときに比べたら、もう、もう、銀橋渡りが素敵になった。良かった良かった。でも、本舞台で一人きりになったときが、心もとない。が、が、がんばれー。

あと、最初の怖げな場面は、なくても良かったんじゃないかなー。

もう一回、観ます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇