So-net無料ブログ作成

柿喰う客フェスティバル、冷蔵庫の上の人生 [観劇メモ(ヅカ以外)]

劇団「柿喰う客」について語る言葉を私はあまり持っていない…
昨今の演劇シーンとか、
小劇場とか、
全然知らんので。

でも面白いと思うんだよなあ。なんでだろー。
文語調だからかな?
(アングラ演劇の系譜なんですかね? 柿。)

あと、役者がみんなめちゃくちゃ上手いからかな?

10周年の再演祭り。
5作品を上演するうち、2作品を観ました。

●いまさらキスシーン(6/5 17:00)

わたくしイチ推しの玉置玲央の一人芝居。

恋愛に勉強に部活に、すべてにまい進して突っ走る、
よくばりで耳年増な女子高生が、
飛んだり跳ねたりしながら、
30分間ノンストップで高校3年間を駆け抜けます。

機関銃のように発射される言葉の羅列(時に文語調)、
女子高生が女子高生らしくなくふるまおうとすればするほど、
女子高生の嫌な部分がより伝わってくる滑稽さ、


一人芝居というと、私が観たことあるものは、
一人の人物として台詞を言ってました。

でも、この芝居は、他人の台詞からト書きから、全部しゃべっちゃう。

今回は音楽を新たに作ってもらったそうですが、
それがないと「落語」っぽいんだそうです。
なるほどなるほど。

柿は「語り」の芸能に近いよね。

だから、突拍子もないことが起きたり、
暴力沙汰になっても、
それほど生々しくはない。

空想の世界を、台詞であっというまに作ってしまう。
いわゆる台詞劇とは真逆。


そんな芝居でイキイキと輝く玉置。
ふつーの演劇だと(いのうえひさしの『戯作者銘々伝』を観ただけだけど)
ちょっと物足りなく感じてしまう。上手いけど。上手いんだけど。

間合いを感じて劇場の空気を動かしていくような上手さではなく、
観客が置いていかれようがどうしようがお構いなしに
自分の世界を作ってしまう、
そういう、ぶっとび、のめりこみ系の演技。

が、私は好きであります。
(リカちゃん、ふみか様、しかり)


ところで、制服の下はTバックでした。
飛んだり跳ねたりするたびにドギマギしました。
友人いわく「あれが画竜点睛なのよ」
…! 画竜点睛て!
肉体を余すところなく使います、演劇に捧げます、
という宣言なのでしょう。Tバックが。多分。



●フランダースの負け犬(6/17 19:30)

高校演劇でもよく上演されるそうです。
とても、わかりやすいです。

でも深いのよ~。

どの組織にもいそうな、バカだと思われている人物と、
それに罪をなすりつけようとする体制の問題。

主宰の中屋敷が19歳で書いたという。19歳だよ、19歳。
19歳でこんなこと考えて、作品にできちゃうなんて、天才としか思えん。

登場人物の半分ぐらいは実在の人物で、
ドイツ陸軍が第一次大戦中にフランダース地方でやらかした失敗についての話。

それと、日本人が大好きな「フランダースの犬」をからめているという。

(そういえば最近『誰がネロとパトラッシュを殺したか』
という本を読んだのでした。
「フランダースの犬」って、イギリスの通俗小説なんですね、元は。
で、肝心のオランダ人はこの小説が嫌いだそうで。)

玉置は主役の上官の役。
上官チームには中屋敷も入ってる。
客演の方が一人、この人もすごくうまかった。

バカ役の人(新メンバー)も徹頭徹尾バカでゾクゾクした。
柿でおなじみの永島さん、大村さんも、やはり上手いなあ、と感嘆。

そんな中、主役のイケメン(新メンバー)の演技が、ふつーすぎた。
ほかだったらそこそこ上手いのかもしれないけど、
周りがあまりにも「役者の狂気」を帯びているから、違いすぎる。
中屋敷らの育成に期待す。



----

あと、ユウヒさんが出た『冷蔵庫の上の人生』も、
友人に連れられて観ました。

ガンで亡くなる40代女性と、高校生の娘との、
冷蔵庫に貼るメモでの交流を描いた二人芝居。

アメリカ人なのかな? カナダ人?
「大好きよ、ママ」とか、日本人は言わねーよなー、と思いつつも。

泣いた泣いた。

女医で、シングルマザーで、病気になって。
白衣と極限状態が似合うユウヒさんでした。

娘の役の子は、あまちゃんに出ていたらしい。
ものすごく生命力あふれるお嬢さんでした。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0