So-net無料ブログ作成
検索選択

パラレルワールドを失って [ヅカ的近況]

張り合いがないとはいえ、
そこそこ普通に生活しているわけですが。
(そして、何か観たらやはり書かずにはいられなくなって、
予想よりも頻繁に登場してしまうわけですが (^-^;


ふと気づくと、
「嫌なこと」に対する耐性が、すごーーく落ちている。

たとえば、
仕事で、違う部署の人に嫌味を言われたり、
ミスを注意されたり、
人事異動が不安だったり、

そういうことは、今までだってちょこちょこあって、
それなりにやり過ごしてきた、よくあることなのに、
今はものすごーーくうんざりしてしまう。


ああ、そうか、
パラレルワールドがないからだ。


去年までは、
嫌なことがあっても、
「ま、それはそれとして」
と思えたんです。

「ま、それはそれとして、次のお茶会はいつかしら」
「ま、それはそれとして、次の公演は○○だから」
「ま、それはそれとして、今日も観劇だから」

あるときはラスベガスのカジノに、
あるときは大江戸八百八町に、
あるときは1930年代の上海に、
そしてすみれ色のあのムラに、
生きていたんですもの、私!


でも今はそのパラレルワールドがないの。


最近のささやかな楽しみは、朝ドラの玉木宏を見て、
乾いた心に潤いをもたらすことなんですが
(もともと玉木宏好きなんだけど、朝ドラ始まったときは忙しすぎてノーチェックだった)
「新次郎サマ~」とうっとりしても、
どこかで「でもこれ、映像だから編集してるしね」
「どうせ今頃クランクアップしてるんだよね」と思ってしまう。


でもでも、舞台は、同じ時を生きれるんだよーーー!


『HEAD'S UP!』の舞台映像をスカパーでやっていて、早速見たのですが、
舞台への愛に満ちていて、涙無しには見れなかったです。
舞台は、作る側と観る側が、同じ時を生きている。
裏方さんのことは客席からは見えないけど、
でも「気」として劇場に満ちてるもん。
舞台を愛した人たちの霊だっている、それが全然怖くない。


ましてや宝塚。
「応援する」という形で一緒に生きていける。
そして、タカラジェンヌはタカラジェンヌという役を、
舞台を降りても演じてくれている。


あーーー
そのパラレルワールドがなくなってしまった今、
現実のとげとげしさから気を紛らせることができない。
一度パラレルワールドを経験してしまうと、落差がつらい。トホホ。


本当に、得難い時間だったのだなあ。
宝塚に好きな人がいて、応援して、同じ時を過ごせるということは。
まあ、麻薬のようものかもしれなくて、
本当の意味で良いことなのかわからないけど。



今その時間を過ごしている人たちが、
できるだけ長く、
できるだけ仲良く、
素晴らしい時間を満喫できますように。



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 2

ネリ

わかりますー
私も、アドレナリンががーっと出て、疲れてても元気になった「あの時代」からは遠ざかってしまいましたが、パラレルワールドを求めて、舞台を観続けてしまうんだなーと。。今日も宙組に行ってきます[るんるん]
by ネリ (2016-02-21 11:33) 

竜眼

ネリさん、コメントありがとうございましたー
そうそう! アドレナリンですよ! アドレナリンが出てないんですよ!
…なんか一気に年とった感じ(笑)
しばらくは、年寄モードで淡々と生きていきます~
by 竜眼 (2016-04-30 23:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。