So-net無料ブログ作成
検索選択

だんだんわかってきた 音月桂退団発表に関連して [ヅカってなんだ?的記事]

キムの退団記者会見をスカステで見た。

台本を読まされているようだったよ…。

最近ヅカを知ってキムファンになったという友人が「きっと、退団後の作品が決まったとか、そういう急な、いいことがあるんですよね!」と言っていて、そうだといいなあ、と思っていたけど、あの顔を見たら、とてもそうは思えない。

ユミコを退団させてまで急いでトップにしたのに、なんでこんなに早く辞めさせるんだろ。

よーするに、劇団は誰か(小林家とか、上層部の人たち)の、私的な持ち物なんだな。ということが、最近やっと実感できてきた。

その「誰か」の中にもいろいろな勢力があって、「わしはこの子をトップにするんじゃ」「いいえ、私はこの子を推すわ!」「公平さんの遺言を守らねば!」「んなもんどうでもいいんじゃ」みたいな感じでぶつかりあって、変な落とし所になっちゃったりするんだろう。メモカの件とか、準トップとか。で、「なんかチケット売れないね」「若返りさせちゃえばいいんでね?」みたく、また、場当たり的に決まる。(全部推測ですよ、推測。でもあながち間違いではないと思う)

つまり、劇団全体の運営を考えた長期的な見通しなんか無い。ましてや、ファンの心情を汲んだりはしない。

そんなんじゃ、まるで、ジェンヌさんは使い捨ての商品みたいじゃないか…! ←いや、だから、まさにそうなんだよ…。

一人一人のエラい人は、その場その場では、自分が推している子を大事にしているんだろうけれども、全体の運営からしたら、結果として使い捨てになっちゃってる(ことがままある)。誰かを大事にしすぎて、ほかのジェンヌさんがもったいないことになり、持ち上げられてたジェンヌさんでさえ、何かが変わればさほど大事にされなくなったりする。

はぁぁ。ジェンヌさんたちは健気だのー。あんな重労働をさー、笑顔でこなしているんだよ、涙が出るよ。そりゃあ、ファンやパトロンからは「蝶よ花よ」と扱われて、日常の雑事をしないで済むような生活をして、一般常識に欠けている(人もいる)かもしれない。でも、劇団での扱いはあまりにも「使い捨て」じゃないですか。それなのに、「夢の世界」とか言ってるんだよ。よよよ。

もちろん、芸能人とはそういうものかもしれない。でも、そういう「芸能」のイメージを払拭して、「学校」として「生徒」が大事にされるイメージを打ち出したのが、小林一三の戦略だったはずじゃん。ここまで、「使い捨て」が見えてしまうと、戦略を放棄しちゃってるよね。

まあ、こうしてファンがジェンヌに同情することで、チケットを買ったりするのだがら、それも結果的には一つの戦略なのかもしれませんがねっっ。(ちなみに、タイガースファンも同様だそうです→過去の記事

以上、暗い話だけど、キムや雪組子たちは笑顔で頑張るしかないのだから、ファンはファンで、ちゃんと「よろしくないことはよろしくない」と言うほうがいいかな、と思って書きました。


>>この件に関連して面白かった記事
「二番手の重要性」
「ワタシ的宝塚「ことわざ、あなどれず。小林家」

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 8

福童

音月クンの最高の舞台は【スサノオ】だったように思います。新公で演じた瑞々しいスサノオ、本公で演じた両性具有のアメノウズメ、本当にキラキラと輝いていた。
この人は上手く育てれば紫吹淳みたいなセクシャルな男役になるかも知れないと思いました。しかし、その後は役に恵まれず個性を確立できなかったように思います。だから、最近の音月クンに私は大きな期待も好意も持ってはいませんでした。
しかし、彩吹さんを夢半ばで切ってまでトップにしたのなら、責任を持って音月クンを大トップにしたらんかい、劇団!と怒りを覚えます。それができないのなら、無理やり人事なんてするな、ボケナス!というのが私の正直な感想です。
過去のスターの例を見ても、最も人気が出るのは二番手時代です。二番手時代に思いきり活躍させて人気を伸ばす。そして、ファンに「この人のトップ作品を観てみたい」と思わせて昇格させる。それが宝塚の正しい王位継承のルールだったのに、それが見事に崩されている。その犠牲者がタニちゃんであり、音月くんなのでしょう。無理やり昇格させて、結果が芳しくなかったらすぐに切る。まるで子供がオモチャを選んでいるような安易なスター選定。到底、プロの仕事とは思えません。
音月よりもお前が辞めろと理事長に言ってやりたい気分です。

更に・・・・音月クンのサヨナラ公演が【JIN】だと知って、呆れて絶句しました。
コミックが売れたから、テレビで視聴率が高かったからウチもやります。
そのバカバカしい発想はまるで素人。どこまで子供やねん、お前は!と理事長の後頭部を金属バットでどつき倒してやりたい気分です。
よそ様のパクリだけで劇団を運営していけると思ってるなら愚の骨頂。
ポリシーもない、アイデアもない、根性も情もない。
こんな核廃棄物みたいな理事長を早いとこ始末しないと犠牲者はどんどん増えるんじゃないでしょうか。

by 福童 (2012-04-29 02:18) 

とも

キムちゃんのルキーニが大好きでした。
初演雪組のルキーニ以降、さじ加減が自分の好みと合わず、
久しぶりに出てきた絶妙の「狂気」。
キムちゃんはこの路線でじっくり育ててゆけばおもしろかったと思いますが、
スポンサー付いた状況で色濃いカラーは難しかったのでしょうか。

キムちゃんだけでなく本人の個性に合った役を振っているような気がしません。
宙のユウヒさんですら、私は軽い今回のような役が合うと思うのですが、
なぜかニヒルな役が多く、重めの話が続いてしんどかったように思います。
生徒さんもトップともなれば十分大人。
信頼して、それ相当の役を割り当てたらいいのに…と思いますが。
お客さんは大人目線で観劇できるかどうか???


キムちゃんで腹が立つと言えば児玉先生演出です。
「忘れ雪」「仮面の男」
観客席で激怒しながら観たこと、忘れないと思います。

by とも (2012-04-30 18:22) 

竜眼

福童さま、あの頃のキムには輝かしい未来が約束されていましたよね。
それを、二番手時代ほぼ無し、メモカに仮面の男…と潰したのは、
まさに劇団の所業。
やっぱり理事長のセンスが問題なんでしょうか。
最近の話題作推しは、あやつが積極的なんでしょうか。
私も福童さんと一緒に金属バットで殴り込みに参加します!!
by 竜眼 (2012-05-04 15:42) 

竜眼

ともさん、コメントありがとうございます!
ルキーニは良かったですねえ。ご本人も会見で一番思い出に残る役だと。
っていうか、トップ時代の役はないの〜?
本来、ルキーニのような黒い役で、二番手時代で人気をのばして、
それからトップ就任、が定石ですよね。
しかも、黒い役が素敵だった『仮面の男』はひどい児玉演出…。
せっかくの看板商品であるトップスターを、
どうして上手く売り出せないんでしょうね。

by 竜眼 (2012-05-04 15:47) 

momo

「わかってきた」って書いてるから,退団に至った事情を論理的に解説してくださるのかと思ったら,何の根拠もないただの悪口・・・がっかりです。何もわかってないじゃないですか。

あなた本当に宝塚ファンですか。日頃の鬱憤のはけ口に宝塚を利用してるだけでは?とりあえず劇団を罵っていれば低レベルな読者が同意してくれるから気持ちいいんでしょうけど,本当に卑しいです。
by momo (2012-06-20 15:53) 

まゆまま

本当に宝塚を愛しているのが感じ取れませんか?

個人のブログの傾向にそこまでおっしゃらなくても…。
私は同調するときとわからない時と、いろいろありますが
竜眼さんの真摯なファン気質大好きです。

”低レベルな読者”とは……、きついお言葉で悲しいです
by まゆまま (2012-06-27 09:42) 

竜眼

momoさん、宝塚の上層部を信じているんですね。心底うらやましいです。
by 竜眼 (2012-07-01 22:48) 

竜眼

まゆままさん、優しいお言葉、ありがとうございます(涙)
先日、宙組を観ていたとき、ふと、自分は「宝塚はこうあるべき」というのにとらわれすぎているなあ、と思ったんです。好きすぎるんですかね。
いつも読んでいただいて、本当にありがとうございます。
by 竜眼 (2012-07-01 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0